アーティスト

ワイキキパークのロビーにあるパーク・プロムナード・ギャラリーにて、注目の新人アーティストによるアート展を3ヶ月毎に開催しております。

現在公開中のアーティスト:

ジャネット・トラン

ハワイ州ホノルル市に生まれ育った学際的なアーティストのジャネット・トラン。 ジャネットはホノルル都心部の密集地に住み、街の変革を客観的に観察し続けたことから 建築に興味を持ち、ハワイ大学マノア校で建築学を専攻します。2012年にインテリア デザインを専門とする学際的研究の学位を取得し、その後もアートへの関心を深めスキルを 磨きながら建築の勉強を続けました。空間関係を巧みに操る彼女の最近の芸術作品は、 彼女の一家が営む中小企業での長年にわたる仕事やハワイ大学マノア校のチルドレン センターでの学生アシスタントの職に影響を受けています。 

ジャネット・トラン展は、2016年6月30日から2016年9月9日まで、ワイキキパークホテルの ロビーにて開催されます。作品の購入についてはホテルのフロントデスクにてお尋ねください。 

これまでのアーティスト:

パーシー・ラム

香港出身のパーシー・ラム。米国へ移住し、ホノルルに移り住むが、アメリカの文化に思うように馴染めず、やがてPEZキャンディーとディスペンサーの収集に夢中になった彼は、新しい環境と異文化に適応する手段として、香港の高層ビルを彷彿とさせるペッツキャンディーの形状を活かしたアートの製作を始める。ペッツの包装紙やキャンディーを素材に起用した彼のユニークな作品は、異国への移住という人生の転機とその過程で体験した心の葛藤を表現しています。パーシー・ラム展は、2016年4月7日から2016年6月24日まで、ワイキキパークホテルのロビーにて開催します。

 

シャノン・ウェブ

ハワイ大学の美術・美術史学部に在籍するシャノン・ウェブ氏。有機的なフォームで滑らかな動きのある実用的な彫刻陶器は、植物や動物や水にインスパイアされたもの。流れるようなラインと、線を活かした形やデザインで表現しています。 彼女の作品は、地元ホノルルやイリノイ州スプリングフィールド・アート・アソシエーションの2014年展示審査会『シェイプス・オブ・インフルエンス』などでも紹介されました。

 

東京ミッドタウンデザインコンペティション

2008年に設立された、次世代を担うアーティストやデザイナーの発掘、応援を目的としたアートコンペとデザインコンペの2部門からなる東京ミッドタウンデザインコンペティション。 受賞者は、ワイキキパークホテルのアートパートナーシップ、ハワイ大学芸術学部アートプログラムへの招致、各受賞者の作品は日本では「東京ミッドタウン」海外ではワイキキパークホテルのロビーのみ2015年4月2日から2015年6月26日の間、展示され一般公開される。

 

テレサ・マリエ・ハインリッヒ

ハワイ大学在学生、テレサ・マリエ・ハインリッヒ氏。彼女は作品を作る際に自然の成り行きに任せることで生まれる想像を、セラミックとミックスメディアで表現しています。若さあふれる新進芸術家の作品をお楽しみください。

 

ネイト・ディッツラー

ネイト・ディッツラー氏の彫刻作品は2つの本体からなっています。自然と人工的なものの対立やその相反するものが人間に与える多面的な影響について思索しながら、環境問題や人と人とのコミュニケーションという主題の狭間で揺れ動くある種の共感や思いやりといった微妙なニュアンスを彫刻で表現した作品です。

 

トニア・モレノ

トニア・モレノ氏は、ガラスを使った機能的な器や彫刻を製作しているアーティストです。モレノ氏は、「ガラスには吹くだけでなく、ろう型に流し込むロストワックス手法や砂を使ったサンドキャスト手法などがあり、金属や木、陶器といった素材とは違った面白さがあるのです。熱によって自在に変化するその特性と限りない可能性を秘めたガラス創作に魅せられ続けています」と語っています。若い頃からガラス工芸に興味を持っていたモレノ氏は、現在、ガラスと陶器を合わせた作品の制作に取り組んでいます。

 

アシュレイ・ファン

アシュレイ・ファンは、“Bamboo Forest (竹林)”をテーマにした陶磁器作品を発表しました。ファン氏は、「陶製の竹の節のひとつひとつが私の人生を通して多いに影響を与えてくれた大切な人々との繋がりを表しています」と述べています。ファン氏の作品には、自身の体験に基づくストーリーや自己発見の過程で得られた考察が反映されています。

 

ニコール・ナオネ

アーティストのニコール・ナオネ氏は、エキセントリックな子供時代やその延長線上にある成人後の出来事など、記憶に鮮やかな様々な体験を並べかえ、アートコレクションとして表現しています。彼女のアートは、美しさとその自己破壊的な一面、避けがたくぎこちない奇跡や感情的な爆発と混沌にインスパイアされた創造と破壊の協奏曲のような作品です。

 

ダスティン・ミヤカワ

ダスティン・ミヤカワ氏の陶芸作品のコンセプトは、形と機能の間のギャップを埋めること。主な道具にろくろを使用するミヤカワ氏は、「ろくろの上では、とても早くダイナミックに変化が起こるので、神秘的かつ美しい形が粘土と速度から生まれるろくろの奥深さに魅かれるのです」と説明しています。シンプルなカップでも彫刻と同じくらい多くを語ることができるという考えに基づき、作品を通して日常的な物体の美しさを伝えています。

 

エミリー・パタクシル

エミリー・パタクシル氏は、ガラス彫刻を通して、クレアナ(責任)、オハナ(家族)といった伝統的なハワイの概念の解釈や自らとの接点を求めています。異なる媒体を使用することで、現在を理解するための過去の存在や自己意識を探求する彼女の作品には、彫刻の施された大理石や銅、紙などの素材とサンドキャストや固体形成されたガラスなどが使用されています。

 

ケイリー・ウェイクフィールド

ケイリー・ウェイクフィールド氏は、絵画を専門とするアーティストです。身の回りにある世界に魅了されたウェイクフィールド氏は、自然界や人の行動や人と人との関わりの中で繰り返される繊細なディテールを作品の中で表現しています。

パーク・サンライズ・ブレックファスト・パッケージ

ワイキキパークホテルでは、快適なステイをよりお得に楽しめるバリュープランをご用意しています。便利でお得なパーク・サンライズ・ブレックファスト・パッケージをご利用ください。

パーク・サンライズ・ボーナスカー

旅慣れたお客様には、オアフ島のドライブに最適なレンタカーとパーキング、毎日の朝食がついたお得なパッケージをご用意しています。

パーク100・パッケージ

ワイキキパークホテルでは、快適なステイをよりお得に楽しめるバリュープランをご用意しています。フレキシブルでお得なパーク100・パッケージをご利用ください。